恭介と理樹の料理教室(4)
恭「第4回料理教室だぜ」

謙「マーーン!!」

理「えっと、今日のゲストは謙吾ではございません」

謙「え?」

恭「今日のゲストはこいつだぜ!」

氷「なんだ私か?」

恭「俺は始めましてだな」

氷「そうなるな」

理「えっと、氷室さんはくどわふた〜参照でお願いします」

氷「一応クドリャフカの同級生だ」

理「今日の料理を紹介するよ」

恭「今日はなんだって言うんだい?」

理「ロシア料理のピロシキとビーフストロガノフです」

恭「ピロリキン? ビーフストロガノロ?」

氷「пирожкиとбефстрогановね」

恭「なんて?」

理「とりあえずつくろ!!」

恭「お、おう」

〜調理開始〜

氷「ところで私のリャーチカは?」

恭「今日は普通にできそうだな」

理「氷室さん……その怪しい液体はなんですか?」

氷「何といわれてもな……しいて言えば化学薬品」

理「いやいや」

氷「なによ。おいしくなるからいいじゃない」

理「いやいやいや……ってえ!?」

恭「いれちゃえぇ!!」

理「恭介!!」

〜調理終了〜

理「えっと今日もなんだか怪しい料理の試食をしてもらうのはこちらの方々です」

鈴「なんだ?」

ク「わふぅ!!」

小「あわわわ」

理「みんな食べたくないなら食べなくても……」

鈴「恭介」

恭「なんだ?」

鈴「試食したのか?」

恭「し、した!」

ク「氷室さんしました?」

氷「したにきまってるじゃないか」

ク「どうなんです! 理樹」

鈴「理樹!」

小「きっとだいじょ〜ぶだよ」

鈴「食え!!」

ク「味見です!!」

小「はむ!!」

恭「うぐっ」

氷「リャーチカ……うぐっ」

理「あっ」

小「きゅぅ〜」バタッ

氷「りゃ、リャーチ……カ……」バタッ

恭「り、りん」

鈴「なんじゃ?」

恭「おにいちゃんとよんでくれないか」

鈴「いやじゃぼけー!!」ゲシッ

恭「ぐぼぁ!!」バタッ

理「えっと……」

鈴「こまりちゃん!!!!」

ク「こまりさん!!!!」

理「今日はコレにてお開きです、次回をお楽しみに」・・;
七ヶ岳星夜
2015年07月18日(土) 15時36分48秒 公開
■この作品の著作権は七ヶ岳星夜さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
はい、久しぶりに……
今回は料理というより実験に近いかな

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)点  削除用パス 


<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD 編集 削除