カップルに聞きたい!質問コーナー!
(理樹の部屋にて……)

理「ねえねえ佳奈多さん、ここ見てよ。カップルに聞きたい質問コーナーだってさ。ちょっとやってみようよ。」

佳「そういうのはバカップルと呼ばれる世間の目も気にせずなりふり構わずイチャつく低能なバカがすることなのよ。」

理「……凄いね。息継ぎもせず、一切噛まずに最後まで言いきったよ…後、結構僕らもなりふり構わずイチャついてる気がするんだけど。」

佳「うっ///…それに、この手の質問は下らないのが多いから嫌よ。」

理「まぁそう言わずにさ。それじゃあ、第1問!」

佳「いや、やるって言ってな」

相手のどこが好きですか?

理「僕は佳奈多さんの全てが好きだなー。」

佳「それじゃ回答にならないわよ…」///

理「あれ?佳奈多さん照れてる??笑」

佳「照れてないからっ!」///

理「こーゆー照れ屋さんで子供っぽい佳奈多さんが大好きです♪」

佳「………わ、私は理樹の優しくてお人好しなとこが好きよ……」///

理「僕ってお人好しかな?」

佳「お人好しよ、それもかなりのね。」

理「それじゃあ、第2問!」

二人の思い出の場所は?

理「思い出の場所かー、僕は佳奈多さんと行ったファーストフード店かな!」

佳「なんでそんなとこなのよ?」

理「なんか最初行った時のこと思い出したりするんだよね。最初は距離があった気がしたけど、今じゃ佳奈多さんが僕の彼女なんだなーって。」

佳「確かに最初は刺々しい態度だったわね。」

理(今も時々刺々しいけど……)

佳「でもね、私は最初からずっと理樹のこと好きだったのよ。葉留佳だけじゃなくて、私にまで優しくしてくれるお人好しな貴方がね……」

理「……そういうこと言われると照れるんだけど。」///

佳「貴方はそういうことをしょっちゅう言ってるのよっ!」

理「じゃあ佳奈多さんはどこ?」

佳「私は理樹との初デートで行った海かしら。あの時、初めて理樹のことを下の名前で呼んだのよね。」

理「あの時は平静を装ってたけど、昇天してしまいそうな気分だったよ……」

佳「そんなに呼ばれたかったのね……」

理「それじゃあ、第3問!」

結婚するならいつ?

佳「急にとんで来たわね。」

理「僕は今すぐにでも結婚したいけど、やっぱり高校と大学卒業して就職してからかな。ちゃんとした暮らしができるように。」

佳「まあ、やっぱりそれぐらいよね。私も同意見だわ。」

理「さらっと結婚を許可してくれてるあたり嬉しいなぁ。」

佳「うぅ!///さ、さっさと次行くわよ!」///

理「はいはい。じゃあ第4問!」

結婚したら、子供は何人欲しい?

佳「子供は結婚してもしばらくはいらないわ。」

理「なんで?(なんだかんだ言って、ちゃんと質問には答えてるんだよねー。)」

佳「な、何でもよ!」///

理「えー教えてよー。今日は僕の部屋に泊まってっていいからさ。」

佳「………………………………ホント?」/////ウワメヅカイ

理「ぐふっ!!……ほ、ホントだよ…(上目遣いの佳奈多さんが可愛すぎて内蔵破裂するとこだった……)」

佳「………………からよ……」////

理「はい?」

佳「………しばらくは二人きりでいたいからよっ!!!」////

理「なるほどー!しばらくは二人きりでいたいからかー!」

佳「そ、そうよ!だからしばらくは……いいわ…」///

理「…………………もう子供いらないや」ボソッ

佳「え?今なんt」

理「よーしっ!次の質問行ってみよー!お、これで最後だ。」

いつまで一緒にいたい?

理「そんなのいつまでもだよ!」

佳「私もね。理樹とは生まれ変わっても一緒でいたいわ。」

理「……」///

佳「ちょっ!!なんで黙るのよっ!」///

理「佳奈多さんってさらっと言うよね。危うく押し倒すとこだったよ。」

佳「ほんっっっとに貴方には言われたくないわっ!!!後、真っ昼間から何言ってるのよっ!」///

理「この後、デートでも行こっか。」

佳「………いきなり何よ。」

理「いや〜無性に佳奈多さんとイチャつきたくなってさ。」

佳「却下よ。天気予報で午後から雨って言ってたもの。」

理「えー、さっきまでは生まれ変わっても一緒にいたいとか言ってたくせにー」

佳「やめてっ!!もう忘れてっ!!お願いだからっ!!//////それに……」ポスッ

佳「………デートじゃなくてもちゃんとイチャつくから…………」////

理(やばいー。あの佳奈多さんがこんなセリフを言いながら僕にもたれてくるなんてー。抑えろー。抑えるんだ僕の理性ー。夜だー。思う存分できるのは夜なのだよ直枝理樹ー。ここは優しく頭を撫でて、『大好きだよ、佳奈多さん……』と甘く囁くのだー。これで2人はラブラブな展開になれるはずだー。よし!これで行こう!)

理「ベッドに行こうか、佳奈多さん。」

理(やっちゃったぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ。無理だったぁぁぁぁぁぁぁぁあ。もういいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ。)

佳「………………………………………優しくしてよ?」////////

理「任せてください」キリッ


エ〜クスタシ〜♪







みやっち
2016年04月03日(日) 20時12分35秒 公開
■この作品の著作権はみやっちさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
どうも!みやっちです!
しばらくインターネットが使えなくてずっとここに来れませんでした(T_T)
これからまた投稿していこうと思います!
それでは(^_^)/~~

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)点  削除用パス 


<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD 編集 削除